産後に急に顔がシミだらけに!原因と改善方法

出産してから顔のシミが多くなった、何だかお肌の調子が悪いと感じるママは少なくないようです。ではなぜ産後に顔のシミが出来てしまうのでしょうか?シミが出来る原因と産後の関係について詳しくみていきたいと思います。産後でシミが出来てしまった方、これから出産を控えている方、気になる方は是非参考にしてみて下さいね。

 

産後は顔のシミが増えやすいって本当?

 

出産を経てしばらく経った頃、顔のシミが気になりはじめた…という方は少なくありません。実は、女性の場合妊娠すると女性ホルモンが普段の100倍以上にもなるといわれており産後のシミの原因となるメラニン色素が増加し、シミをつくりやすくしてしまうのです。ただでさえ産後というのは、睡眠不足が続いたりして生活リズムも整いにくくなります。

 

また、赤ちゃん中心の生活になるためスキンケアを疎かにしがちです。そうした様々な理由から産後は、顔のシミがどうしても出来やすくなってしまうのです。

 

肌のバリア機能が低下する時期に増えやすい

 

また、産後はエストロゲンというお肌の老化を防いでくれるホルモンの分泌が減少し肌のバリア機能が低下するため、紫外線などの外からの影響も大きくダメージを受けやすい状態になります。

 

それではこうした妊娠中から産後にかけて出来てしまった顔のシミは一生消えないのでしょうか?このままシミだらけの顔なんて嫌。。そんな心配をされているママも少なくないですよね。

 

大丈夫です、安心して下さい。妊娠中から産後にかけて出来てしまったシミは、ホルモンバランスが崩れて出来てしまっているだけなので産後半年ほどすれば通常は元のシミのない状態に戻ることがほとんど。ホルモンバランスが整うまでの辛抱だと思って今の時期を乗り越えて下さいね。

 

できるだけ増やさない、早くシミを消したい場合は?

 

それでは、産後のホルモンバランスが整うまでの期間をただ待っているのではなく今できる具体的な対処法も見ていきましょう。まず基本は洗顔と化粧水をつけることで保湿するスキンケアが非常に大切です。

 

これは基本中の基本です。洗顔をすることでお肌の皮脂や汚れを落とし、化粧水で保湿することでお肌の感想を防ぎます。シミの原因であるメラニンの生成を抑え、お顔をいつも清潔な状態に保ちます。

 

産後はどうしても寝不足でそんな余裕がないという方は、お風呂あがりに化粧水を塗るなど少しずつで良いの自分のペースで始めましょう。

 

また、日焼け対策もシミが出来る原因を防ぐ一つの方法です。日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたり紫外線予防も大切です。またビタミンCを補う食事を摂ることで、メラニンの抑制にもつながりますが、柑橘類は紫外線でシミが増えるソラレンが含まれているので夜食べるとか注意してくださいね。