重曹洗顔、パックでシミを薄くする美白効果を実感して

 

美白になるだけでお肌の質感もアップします。透き通った肌になるための美白化粧品がたくさんありますが、身近な重曹を使って美白ケアができるなら簡単で安価ですのでうれしいですよね。

 

重曹を使った美白ケア方法を続けることで肌の機能が整って、毛穴汚れもすっきり、透明感が増してきます。うまく重曹を利用して顔のシミも薄くしていきましょう。普段のスキンケアにちょっとプラスするだけなので手間にもなりません。

 

そもそも重曹って?

 

重曹は正しくは炭酸水素ナトリウムといいます。お掃除でも大活躍で汚れやシミを取ったり、においまで取ってくれるマルチな働きをしますし、焼き菓子では膨らし粉としても身近な存在です。

 

しかし、炭酸水素ナトリウムというと肌に使うのは大丈夫なのかと不安になってしまいますが、入浴剤に含まれているので肌への安全性は立証済みなのです。入浴剤では重曹とクエン酸が反応して泡が出て、血行促進や新陳代謝アップになります。弱アルカリ性と肌と一緒なので、なじみが良くて刺激がないのが特徴です。

 

重曹で顔のシミが薄くなる訳

 

重曹は非常に細かい粒子で、汚れを絡めとる働きがあります。だからこそ茶渋などの頑固な汚れも取れて掃除に活用されています。同じことを肌の上でもしてくれますので、古い角質汚れや残ってしまっている酸化した皮脂汚れも取れやすくしてくれます。

 

また、粒子が毛穴に届いて汚れをかきだすように取るので、角栓の黒ずみ解消にも一役買ってくれます。続けることでだんだんと肌の透明度が増して、顔のシミも薄くなる期待が持てます。

 

ひとつかみの重曹で明るい肌になれる洗顔

 

重曹を使った洗顔方法は簡単です。用意するものはいつもの洗顔料と重曹だけですので、すぐに試すことができます。

 

  1. いつものように洗顔料を泡立てます
  2. そこに重曹をひとつかみ入れて軽く泡をもう一度立てて、均一にします
  3. 優しく洗顔をするだけ

 

いつもの洗顔に一掴みの重曹だけで十分で、汚れを肌の奥から表面まですっきりと落としてくれます。毛穴汚れも取れて、肌がすべすべになり化粧水の浸透も高まります。優しくマッサージするように洗顔するのがコツです。

 

肌全体のトーンをあげるなら重曹パック

 

洗顔と同様に重曹を使って美白パックができます。もし、顔のシミが気になるなら、その部分だけにパックすることもできるので手軽に使えるのも魅力です。

 

  1. 重曹と水を混ぜてコネて、ベースト状にします
  2. 顔や気になる部分に塗ります
  3. 10分程度放置してから洗い流します

 

パックしている間に古い角栓が取れて、毛穴汚れも届いて浮かせて取れやすくします。さらに美白作用によってくすみが気にならなくなる効果もあると言われています。また、弱アルカリ性で肌と一緒なので、その後の化粧水と肌の親水性も高めるので、保水力や保湿力もアップして明るい肌になります。

 

美白肌になるために重曹を選んで使おう

 

日々の生活の中で簡単に取り入れられて、しかも安価で手軽な重曹洗顔や重曹パックですが気を付ける点もあります。重曹にはいろいろなタイプがありますが、顔に使うことから安全性第一の食品用で粒子が細かいものを選ぶようにしましょう。

 

口に入ってしまうことも考えられますし、粒子が大きい掃除用や工業用では、肌に傷をつけてかえって荒れる原因になります。顔に塗るときは「優しく」がコツで、ゴシゴシ摩擦を起こさないようにしましょう。また、連続して行うと汚れが取れすぎてしますので、適度な皮脂を残すためにも週に2回程度が適度です。