美白効果を高める日焼け止めクリームの使い方

夏と言うと美白ケアに力が入る時期です。美白ケアを行うにはいろんな手段があります。食べ物・スキンケア・衣類などさまざまな方向からケアできますが中でもを顔のシミを防ぎたいという方は多いのではないでしょうか。

 

美白ケアを行う以上、顔のシミは避けたいですよね。顔はとくに崩れやすく、シミが出来ないように日焼け止めを塗っても落ちてしまうことがありますが体も同様で腕や足が意外と焼けてしまうということもあります。

 

顔なら頬のあたりの日焼けに要注意

 

顔の美白ケアというと、Tゾーンの崩れやすさも気になりますが紫外線に含まれるメラニンが顔のどこに集中するかと言うと、鼻の頭や頬骨のあたりなんです。

 

若い方でもこの辺りを日焼けしてしまうと、なかなか取り戻せないほど日焼けしやすくメラニンが沈着しやすい部位です。後々シミ除去をすることも可能ですが、施術費はあまり安くはありません。

 

メイクにおいては日焼け止めはもちろんメイク崩れ防止下地を使ったりして対策を練ることが重要になります。日焼け止めを塗るときは、顔全体にしっかりと塗り込むことで日焼けしにくくなります。

 

散歩をするときの美白ケア

 

夏の間でも、体のためにとお散歩をしたりペットのお散歩をする方がいるかと思います。そういったときは、朝〜昼下がりあたりの時間帯は日焼け止めは欠かせません。首・腕・顔・デコルテに塗っておかないと肌色がちぐはぐになる可能性があります。

 

もちろん髪の毛も日焼けするので髪の日焼けには髪用のUVスプレーを使うと効果的です。髪用だけのスプレーもあれば、顔・髪に使えるものもあり顔・髪・体に使えるものも売られています。

 

帽子で紫外線を防いだり、アームカバー、日傘などで防御することもできるのですが念のため日焼け止めを塗っておいたほうが安全です。また、UVカット効果があるカーディガンやカットソーを着るのも有効です。

 

最近はパーカータイプ、カットソータイプが多く売られておりお値段の方も低価格で購入しやすくなっています。素材もメッシュ素材で通気性に優れているものが多く、着ていてもそんなに暑く感じません。商品によってUVカット効果は1年間だけだったり、半永久的に着られたりとばらつきがあるので要チェックです。

 

日焼け止めを塗りなおすことについて

 

日焼け止めによっては、商品パッケージの裏側を見ると「2〜3時間ごとに塗りなおしてください」と書かれていることがあります。塗ってから2〜3時間経つと日焼け止めの効果が半減してしまうと焼けてしまうのと、持続時間の関係からそのように書かれています。

 

塗りなおす時間がない場合は、UVカット効果があるサングラスを使ったり、カーディガンなどを上から羽織ったりアームカバーや日傘を駆使することで紫外線を防御できます。

 

関連記事:しみ、そばかす予防にサングラスで目から美白効果アップ

 

腕や足は簡単に塗りなおせますが、顔の場合は顔の皮脂を取ってから塗りなおします。ティッシュなどで顔の皮脂を一度軽く押さえて取ったあとにそのうえからUVパウダーを使って直していきます。そうすることで、顔のテカリも取り除けるほか日焼け止めの効果も同時に得られて便利です。