シミ、そばかすに美白効果が期待できるグレープフルーツがおすすめ

顔のシミが気になる人にとって、グレープフルーツを食べることが美白効果をもたらすとしたら、試してみたくなるのではないでしょうか。そこで、グレープフルーツの美白効果についてまとめてみました。美白効果に関する成分や効果的な取り入れ方など、ご紹介します。

 

グレープフルーツに美白効果がある理由

 

グレープフルーツを食べるだけで美白効果を得られるなんて本当なの?と思いますよね。実は、グレープフルーツに含まれる様々な成分が、肌をキレイにする働きをもっているのです。

 

グレープフルーツには肌にいいことで有名なビタミンCが、一つにつきなんと一日分の摂取推奨量が含まれています。さらに他にも美白効果をもたらす成分が複数含まれているため、一つ食べるだけで効果を得ることができるのです。

 

美白効果をもたらす成分とは

 

ビタミンCだけではなく、グレープフルーツにはヘスペリジンとナリンギンという美白効果のある成分が含まれています。それぞれの効果について詳しくご説明します。

 

ビタミンC

抗酸化作用が強く、メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制します。また、コラーゲンを作り出す酵素を活性化させる働きもあります。

 

ヘスペリジン

代謝を改善する働きをすることで、古い角質を剥がし新しい肌を生み出す助けをします。別名ビタミンP、果実の房や筋に多く含まれています。

 

ナリンギン

抗酸化作用が強く、メラニン色素の過剰生産を防ぎます。ポリフェノールの一種で、グレープフルーツ特有の苦みをもたらす成分です。

 

グレープフルーツの効果的な食べ方

 

グレープフルーツの美白効果を十分に得るためには、果実を丸ごと食べるのが一番おすすめです。なぜなら、代謝を助けるヘスペリジンという成分は、房や筋に含まれているため、果実を袋ごと食べないと摂取できないからです。

 

ビタミンCとナリンギンは、中の実だけを食べても摂取できますが、やはり袋ごと食べるよりも効果は劣ってしまいます。また、グレープフルーツジュースも同様で、ヘスペリジンを摂取することはできません。3つの成分を隈なく取り入れるためにも、丸ごと食べるようにしましょう。

 

グレープフルーツを食べる際の注意点

 

グレープフルーツに美白効果のある成分が豊富に含まれることをご説明しました。ただ、それと同時に食べる際には気を付けなければならないこともあるのです。実は、グレープフルーツにはソラレンという紫外線を吸収しやすくする作用のある成分が含まれています。

 

食べてから2時間後にその効果がピークに達するので、紫外線を浴びる前に食べると、顔のシミなどの原因をかえって作ってしまうことになりかねません。そのため、朝食にグレープフルーツを食べるのは避けた方が安心なのです。食べるのは夕方以降なら問題ないと言われています。

 

また、服薬中にグレープフルーツを食べ過ぎると、ナリンギンが薬の効果を低下させてしまう恐れがあります。グレープフルーツ自体には食べ過ぎの弊害はありませんが、服薬中の人は気を付けましょう。