おいしい甘酒で美白効果を得るための飲み方とメリット

美容や健康に良いということで昨今改めて注目されている甘酒ですが、実は美白効果も期待できるといわれています。一体なぜ甘酒を飲むことで美白できるのか、効果的な摂取方法はあるのかといったことを知っておくことで、より甘酒を美白に役立てることができるようになります。

 

甘酒の美白効果の秘密

 

まずなぜ甘酒を飲むと美白効果が期待できるかという点についてですが、それには甘酒に含まれている成分が関係しています。甘酒には疲れを回復させたり脂肪や糖の燃焼を促してくれるビタミンB群や強い抗酸化作用があるフェルラ酸など、美容に良いとされる成分が豊富に含まれています。

 

その中の一つであるコウジ酸には、シミの原因であるメラニンの生成を抑える効果があるとされているのです。メラニンを抑えてくれるということはシミを防止することができるということですから、コウジ酸がたくさん含まれている甘酒を飲むことで美白効果や顔のシミを防いだりする効果が期待できるということに繋がるのですね。

 

甘酒を飲むのに適した時間帯や注意点

 

美容や健康に良いとされている食品の多くは、摂取する時間帯によってよりその効果を高めることができます。甘酒の場合、美白効果を重点的に期待するのであればあまり時間帯は気にしなくて良いと言われています。

 

しかし美白だけでなくダイエット効果や血圧の上昇を防ぐといった効果を得たいのであれば、朝に飲むようにすることがおすすめです。また、夜飲むことで興奮した神経を抑えることができるため、良質な睡眠を得たいと思ったときに活用することができるでしょう。

 

甘酒を取り入れようと思った際には、甘酒の種類について注意する必要があります。甘酒には米麹から作られたもの、酒粕から作られたもののふたつがあります。これらの違いは原材料が異なるという点はもちろん、アルコールの有無やカロリー、含まれている栄養素の量なども異なっているため、どちらがより自分に合っているかを調べてから購入するようにすると良いでしょう。

 

甘酒が苦手な場合の飲み方とそのメリット

 

甘酒の美白効果を実感したいけれどあの独特な風味が苦手であるというときには、少し工夫をしてあげることで飲みやすくなる場合があります。例えばミキサーにかけたフルーツを加えてあげると、フルーツの味が勝るため飲みやすくなります。

 

においが苦手なのであれば純ココアやショウガなどをプラスしてあげることで甘酒のにおいを軽減することができるでしょう。きなこや抹茶などを加えてあげるのもおすすめです。

 

甘酒に様々なものを加えることは味やにおいに変化をつけるだけでなく、混ぜ合わせたものの栄養素を一緒に摂取することができるというメリットがあります。甘酒に足りないものなどを補うことができれば、美白はもちろん、美容や健康により効果的に作用するようになるでしょう。

 

甘酒の美白効果は魅力的ですが、カロリーは決して低い方ではありません。美白効果を得たいからといってたくさん飲むのは控えたほうが良いでしょう。一日一杯程度を目安に毎日継続して飲むことを心がけ、透き通った肌を目指したいものですね。